PROFILE 代表者紹介

 

薗田 基一

茶ッ葉屋 店主 薗田製茶 責任者

 

いろいろな環境。さまざまな生活スタイル。年齢、性別、職業、国境、国籍…

あらゆる違いや価値観の壁を越えて笑顔になれる『和』の日本茶が私は大好きです。

そんな日本茶を通じて、みなさまと出逢えたことを、大変うれしく思っています。

思い返すと私が生まれ育ったまわりの環境は、茶畑から製茶、鍛冶屋から工業機械と静岡県ならではの ものづくり に営む家系です。

自分らしさを求めて17歳から東京へ。

しかし気がつくと茶ッ葉屋の日本茶スタイルに関わる重要な下積み時代でした。

ともあれ時が変わっても変わらない私(こと)は、まるで子供のようにあれもこれも納得がいくまでやりたくなる性分と、お互いの笑顔が何よりも価値を感じるようです。

おかげさまで茶ッ葉屋は創業してから10年。

茶畑の土から製茶、お届けまで全てに取り組んだあっというまの10年です。

今後も、伝統と新しさそれぞれの良さを活かしつつ、お客様に喜んで頂けるお茶を追及していく所存です。

 

 

―略歴―

小さい頃からお茶に囲まれて成長。

 

17歳に自分らしさを求めて静岡県から東京の高校に転校。

 

転校先の仲間とカフェの経営や音楽活動、あらゆる業種を体験したく、掛持ちでアパレルから薬の営業までも。

 

営業や販売では、どれだけ売上を上げても心底嬉しいとは思えなかった。

 

むしろ立場や流行が変わることでお客さまとのご縁が切れるなど、一時的な繋がりに寂しさや虚しさを感じた。

 

20歳頃には「ものを真ん中に喜び幸せをお届けしたい」独立願望と志が定まり、幼少期から親しみがある日本茶の仕事に改めて魅力を感じる。

 

東京のお茶専門店で接客・販売、製茶工場などでお茶の専門的な知識と経営のノウハウを得て、20068月に創業。